名古屋アリスデンタルクリニック

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-15-9
エフジー久屋ビル5F
TEL:0120-418-967
休診日:木曜・日曜・祝日

初めて来院される方へ
院内ツアー
院長ブログ
スタッフブログ
アリスデンタルグループ

むし歯

むし歯治療において当院が大切にしていること

歯が痛い女性

歯が痛んでも気のせいだと思ったり、歯科医院に行くのをつい後回しにしたりしてしまうものです。しかしそれがむし歯ならば早期の治療が必要とされています。

むし歯は症状が進行してしまうとそれだけ治療も大掛かりなものになり、大きく削るだけではなく、神経を取ったり最悪の場合は抜歯をしなければいけなくなったりします。反対に早い段階で歯科医院にかかれば削ることなく治療できるかもしれません。

歯に少しでも違和感や痛みを覚えたら速やかに歯科医院に行くことをおすすめします。

痛みに対する配慮

歯医者と聞くと皆さんどのようなことをイメージされますか?

おそらく楽しいところ、是非とも行きたいところだという答えを口にされる方は少ないはずです。多くの方はドリルの甲高い音や治療のときの痛みを連想するのではないでしょうか。残念ながら歯科医院のイメージとなると「痛い」や「怖い」、「行きたくない」というのがほとんどです。しかし技術の進歩や新しい機材の開発によって近年では痛みや負担をできる限り少なくした治療を提供できるようになっています。

当院でも患者様のお体のことを考えてなるべく痛みや負担を軽減した治療を提供するようにしています。例えば麻酔一つをとっても当院では、注射の前に表面麻酔を行う、麻酔液を人肌に温める、圧をかけ過ぎないため電動で注射を行う、という工夫を用いて痛みや負担を最小限に抑えています。


最大限削らない治療

日本の歯科治療においてはむし歯=削るという考え方が一般的でした。たしかにむし歯の箇所を削り、そこに詰め物(インレー・レジン充填)や被せもの(クラウン)をすることは有効です。

しかしそれが最善の方法というわけではありません。削るという行為は場合によっては歯に大きなダメージを与えてしまい、その歯全体の寿命を縮めてしまうことがあります。また詰め物や被せものはどれだけ細心の注意を払って施術をしても、どうしても歯とのあいだに隙間ができてしまうことがあります。この隙間に食べ物のカスが溜まり、プラーク(歯垢)や歯石となってさらなるむし歯(二次むし歯)を引き起こすことがあります。

一度治療して詰め物や被せものをした箇所のむし歯は気づきにくく、また治療しにくいと言われています。そのため二次むし歯を治療しようとしたら、症状がだいぶ進行していたり治療が複雑だったりするためさらに大掛かりな施術になってしまうことがあるのです。もしかしたら初期のむし歯を少しだけ削ったことがきっかけで、次は大きく削り、さらには神経を取り、最終的には抜歯に至る……という悪循環に陥ってしまうかもしれません。

そのようなことからなるべくなら削らない治療をしようという「MI治療」という考え方が広まっています。MI治療とはミニマル・インターべーション(最少侵襲)のことで、歯を削る量を最小限にして健康な部分を最大限残そうとすることです。

むし歯の原因

どうして、むし歯になってしまうのでしょうか。

むし歯はむし歯菌であるミュータンス菌によって引き起こされます。ほとんど人の口の中にミュータンス菌は存在していますが、この菌は口の中にいるだけでは悪さをすることはありません。このミュータンス菌に糖分が与えられることで酸が生み出されて歯を溶かしていきます(脱灰)。口の中は本来的に唾液の作用で洗浄と再石灰化(歯の自己再生)が促進されていきますが、その作用を上回るほどの脱灰が起こるとやがてむし歯になってしまうのです。

下記のようなことが原因で、むし歯になってしまいます。


・糖分の多い食事

ミュータンス菌が酸を出すためには糖分が欠かせません。糖分の多い(甘いものが多い)食事をよくする人は注意が必要です。


・食後から歯磨きまでの時間

ミュータンス菌は食後ただちに酸をつくり始めるわけではなく、そこから30分後に活発化するといわれています。むし歯にならないようにするためには、朝晩の定期的に歯磨きの他に間食後に磨くことも有効です。


・生まれ持った歯の性質

歯磨きをきちんとしているのにむし歯になってしまう人、歯の健康に無頓着なのにむし歯にならない人がいます。様々な要因が考えられますが生まれつきの歯の性質としてむし歯になりやすい人、なりにくい人がいます。


・不規則な食生活

長時間だらだらと食事の回数を増やしてしまうとむし歯になりやすくなります。

酸が歯を溶かし、ミネラルが奪われていくのですが、食後時間がたつと唾液の力で酸を中和して奪われたミネラルを元に戻します(再石灰化)。間食が多いとその再石灰化が追い付かないことから、虫歯になりやすくなります。


虫歯の分類と治療法

虫歯の進行状況によって、C0~C4の5段階に分けられます。
それぞれの特徴と治療法は以下のとおりです。

C0(初期段階)

C0
特 徴
むし歯の初期段階です。
痛みはなく、また穴も空いていません。

治療方法
フッ素とキシリトールを利用し、歯を再石灰化させます。
この状態でのみ徹底したブラッシングによる自然治癒を期待することができます。
(医師による治療はありません。)

C1(エナメル質に穴が空く)

C1
特 徴
エナメル質(歯の表面)が溶け出し、わずかな穴が空いている状態です。
痛みはほとんどありませんが、知覚過敏(冷たいものが沁みる)の症状が見られることがあります。

治療方法
放置すると進行してしまうので、削って詰める治療が必要です。むし歯の部分を最小限削り、そこにコンポジットレジン(保険の白いプラスチックの詰め物)を充填します。前歯・奥歯共にコンポジットレジンで対応できることがほとんどです。
また、麻酔なしで治療をしても痛みをほとんど感じない場合がありますので、麻酔の気だるさが嫌な人の場合は麻酔なしでの治療も可能です。

C2

C2
特 徴
むし歯がさらに進行してエナメル質の奥にある象牙質にまで達しています。まだ神経に達していないので強い痛みはないが、冷たいもの、甘いものなどを食べた際に痛みを感じやすくなり、知覚過敏もより顕著になります。

治療方法
治療の際には麻酔を必要とすることがほとんどです。当院では麻酔を行う際の痛みにも配慮していますのでご安心ください。
前歯はコンポジットレジンを充填し、奥歯は部位によっては型取りをし詰め物(インレー)を接着します。
C2からはむし歯の進行が一気に進むことが多いので早期治療が必要となります。
(治療は、3Mix法を選択することもあります。) 

C3(神経にまで達している)

C3
特 徴
むし歯が神経にまで達しており、歯髄炎を起こした状態です。ずきずきと痛むようになり、 作業に集中できなかったり食事ができなくなったりと日常生活に支障を来たすようになります。 
治療方法
 大掛かりな治療が必要となり、根管治療を行うことになります。

C4

C4
特 徴
神経が死んでしまった状態。むし歯が進行しきって歯の大半が溶け出し、歯根だけが残っています。痛みは軽減しますが、虫歯菌が血管を通り心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。 
治療方法
ほとんどの場合、抜歯となります。
抜歯した部分をそのままにしておくと隣接しているまだ健康な歯にも悪い影響を与えることがあるため、義歯やブリッジ、インプラントなどの処置をする必要があります。

根管治療

根管治療とは

根管とは歯の奥にある神経・歯髄の入った管のことで、むし歯が進行すると虫歯菌はこの歯髄にまで到達し、炎症を起こし最後には歯髄は死んでしまいます。

この状態を放置しておくとその歯だけではなくむし歯菌が顎や身体全体に回り、最悪の場合命の危険を引き起こすこともあります。そのためむし歯に侵されてしまった歯髄は除去しなければなりません。

その治療を根管治療と呼びます。根管治療を適切に行うことで抜歯を免れることができ、歯をそのまま残すことができます。

しかし根管治療は歯の奥まった部分に対するアプローチであり、かつ歯髄自体が複雑な形状をしていることがあるので、適切な治療をするためには医師に確かな技術と経験が必要とされます。


根管治療の流れ

根管治療はいくつかのステップに分けることができますが、そのどれもが重要で、一つとしておろそかにすることはできません。


むし歯の部分と歯の上部を削り取ります。


根管の長さを測ります。人によっても歯によっても根管の長さは異なるため、X線や電気測定器などを用いて正確に測らなければなりません。いかに正確に測れるかが治療の成功率を左右するともいわれています。


むし歯に侵された歯髄や象牙質を取り除き、根管の内部を清掃・殺菌していきます。リーマーやファイルという器具や、当院では難症例によってはレーザーを用いますが、医師の技術や経験の差が出るところでもあります。


きれいになった根管に薬剤を詰めていきます。この作業が最も大切で、このとき隙間が生まれてしまうとそこにまた細菌が溜まり、やがて周囲の骨を溶かしていってしまいます(根尖病巣)。


コア(人工の土台)で歯を補強し、歯の頭部分となるクラウン(被せ物)を取り付けます。


根管治療成功のポイント

根管治療を成功させるためには無菌的治療が必要ですが、当院では確かな経験を積んだ医師と整った環境によって治療中に根管が細菌に感染することを防いでいます。


通常使われている防湿器具はラバーダムというものですが、当院ではZOO(ズー)という防湿器具を用いて治療中の患者様の負担を最小限にしています。ラバーダムに比べて負担や苦痛を減らして根管治療を受けていただくことができます。