名古屋アリスデンタルクリニック

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-15-9
エフジー久屋ビル5F
TEL:0120-418-967
休診日:木曜・日曜・祝日

初めて来院される方へ
院内ツアー
院長ブログ
スタッフブログ
アリスデンタルグループ

審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは

審美歯科とは、歯を本来の姿にする見た目の美しさを求めた歯科治療です。歯並びや白い歯が綺麗に整えば、顎のラインもスッキリして輪郭や表情も変わります。口元を隠して笑う癖がなくなり、日常生活でも何事にも明るく積極的に行動できるようになったという方もいらっしゃいます。
もちろん、審美歯科による治療は、一時的な見た目の美しさやコンプレックスを解消するだけではありません。
いつまでも健康的な歯を保つためにも、興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。 

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削り(0.5mm~)薄いセラミックの人工歯を接着して歯の色や形態をきれいにする方法です。
ホワイトニングでは効果の期待できない中程度の変色歯、歯間離開(すきっ歯)、奇形歯(矮小歯)などの改善に使われます。
永久的に変色が無く、基本的に2回の通院でOKです。

セラミックインレー

セラミックの部分的な詰め物です。
奥歯の金属の詰め物をセラミックの詰め物に変えることにより、天然の歯と遜色の無いきれいな色調になります。

 虫歯で歯を削ったら? 

虫歯の大きさや深さによって削らなければならない量は異なります。歯を削った量や部位によって、詰め物や被せ物の種類が変わります。

セラミックインレー

の数は比較の目安です。お口の状態によって変わる場合があります。

コンポジットレジン充填(詰め物)

歯と同じ色の樹脂のペーストを削った場所に詰め、特殊な光線を当てて固めます。前歯の虫歯や、奥歯でも虫歯が小さく浅い場合などに使用することが多いです。

インレー(詰め物)

虫歯を削った後に型を取って、歯科技工士が作製した詰め物を装着します。奥歯の特に歯と歯の間にできた虫歯に適用されることが多いです。

クラウン(被せ物)

虫歯が大きくたくさん歯を削った場合、特に神経を取った歯の場合は、歯の形をした被せ物を装着します。

セラミッククラウン

セラミッククラウン

歯の表面を全体的に削りセラミックの冠(クラウン)をスッポリかぶせる治療法です。一般的には差し歯と呼ばれています。
この方法は中程度以上の変色歯を白く美しくするだけでなく、多少のデコボコ、ガタツキなどの歯並びの悪さも治すことが出来ます。

メタルボンド

貴金属で鋳造したフレームにセラミックを焼き付けたものです。 セラミックの強度を補うために、フレームに金属を使用していますので光の透過性が少ないという点でオールセラミックスにはやや劣りますが、天然歯とほぼ変わらない美しさです。
費用70,000円~(税抜)

オールセラミッククラウン

セラミックのみで作ったもので、審美歯科の素材でも最高のものです。
強度の高く生体親和性にも優れたセラミック素材(ジルコニア、アルミナポーセレンなど)をフレームに使用します。
金属を使用しないため、より透明感のある自然な美しさを表現できます。歯肉にやさしく、金属アレルギーの心配もありません。
費用100,000円~(税抜)

前歯の治療  セラミックはこんなにすごい!

~プラスチックとの3つの違い~

1.美しさがいつまでも続く

透明感のある自然な白さ!
前歯なら、誰もが気になるその見た目。
セラミックの最大の特徴は、いつまでも続く透明感のあるその白さです。
セラミックならプラスチックのような変色は全くありません。
3年後、5年後の変色を比較すると一目瞭然です。

2.摩耗しにくい

歯磨きしても削れない!
せっかく治療するんだから、いつまでも丈夫で長持ちして欲しいもの。
プラスチックは、歯ブラシでこするだけでも傷がつきすり減りますが、セラミックならそんな心配はありません。
プラスチックの前装冠は、長年の使用でプラスチックの摩耗が進み裏の金属が見えることも・・・

3.細菌がつきにくく清潔

むし歯や歯周病になりにくい!
セラミックの材料は毎日使う陶器のお皿とほぼ同じ。だからとても衛生的。
表面がとても滑らかで、虫歯や歯周病の原因となる細菌(プラーク)がつきにくく、歯磨きでしっかり落とせます。


ファイバーコア

被せ物(クラウン)の治療では、神経の処置が終了したら、人工の土台(コア)で歯を補強する処置を行います。被せ物の土台(コア)にはファイバーコアがお勧めです。

1.土台(コア)の素材の違い

土台(コア)は目立たない部分ですが、歯を長く保つためのとても重要な治療となります。一般的 に使用されている金属の土台(メタルコア)は丈夫ですが硬すぎるため、強い力がかかった時に歯 根が割れてしまうことがあります。このような場合、割れ方によっては歯を抜かなくてはいけませ ん。そのため当院では、歯の象牙質(歯の内側の部分)と同じぐらいの硬さと弾性があり、歯への 負担を大幅に軽減できるファイバーコアをお勧めしています。

※ファイバーコアは、健康保険が適応されていないため自費診療(1本10,000円 税抜)となります。

2.ファイバーコアとは

神経の処置を行った後の根管にファイバーポストと呼ばれる材料を立て、その周りに歯の色に似た強化型プラスチックで固めて接着し、土台(コア)を作成します。

※ファイバーポストは、2003年に厚生労働省に認可されたグラスファイバーの繊維を樹脂で固めて作られた新素材です。

3.ファイバーコアの特徴 

  1. 透明感のある美しい歯を再現
    オールセラミッククラウンは光を透過しますが、金属の土台(メタルコア)はまったく光を透過しません。ファイバーコアは光の透過性があり歯に似た白さのため、自然で透明感のある美しい歯を 再現できます。オールセラミッククラウンの修復においては、ファイバーコアが必須です。また、金属の色が歯ぐきを透過して見える黒ずみの心配もありません。

  2. 歯に似たしなやかさ
    ファイバーコアは、耐久性がある上に硬さや弾性がほぼ天然歯と同じであるため、歯に優しく、歯が割れる(歯根破折)リスクも軽減できます。

  3. 金属を使わないから・・・
    ファイバーコアはグラスファイバー樹脂だけでできているので腐蝕することは無く、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色もありません。また、当然のことながら金属アレルギーの心配もありません。

前歯のかぶせもの一覧表

前歯のかぶせもの一覧表